にきび予防は食生活と睡眠が大切

にきび予防の基本は生活習慣だとよく言われますが、具体的には食生活や睡眠がメインとなります。

肌を作るのは食べ物であり、睡眠中は肌の修復時間だからです。
しかし、体に良さそうなものを偏って食べるのではなく、栄養バランスを考えてまんべんなく食べることが大切です。

例えば、にきび予防に最も効果的だとされているビタミン類は、
野菜や果物ばかりを取るのではなく、レバーやマグロ、卵黄など動物性たんぱく質にも含まれているので、それらも合わせて食べる必要があります。

また、アーモンドやたらこなども、
にきび予防に良いビタミンが含まれているのでおすすめです。

間接的ににきび予防につながるのが、食物繊維や乳酸菌の摂取です。
腸内環境を整え便秘を改善することが、にきびを始めとし、多くの健康効果を生み出すからです。

腸は美肌のカギを握っているといっても良いくらいなので、根菜類や海藻類、果物なども食べましょう。

水分の摂取も大切です。睡眠のゴールデンタイムは22時から翌2時だという話は有名です。

ただダラダラと寝るのではなく、質の良い睡眠が大切だと言われています。

入眠後3~4時間後の睡眠の深さがポイントとなってきます。
その時間にどれだけ深く熟睡しているかということが、睡眠中の肌ケアまたは肌再生の出来を左右します。

早く寝る習慣をすぐにつけるのは難しいものなので、初めのうちは遅くとも0時には布団に入るよう努力することから始めましょう。

This entry was posted in 美容 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *