にきびの予防には生活習慣の改善が必要です

にきびは皮膚の炎症性疾患で皮膚科では保険適用の治療を受けることができます。

またクリニックではレーザーやケミカルピーリングの施術を自由診療で受けることもできます。

にきびは病院などで治療することができますが、実はにきびができることで精神的に落ち込んだり、人に会いたくない、自信が持てないなどコンプレックスになることもあるため、できてから治すのではなく、予防してできないようにすることも大切なことなのです。

にきびの予防には、洗顔や保湿して肌質を改善することも必要ですが、生活習慣を改善することで予防することもできます。
にきびの予防効果がある生活習慣は、睡眠、食事にたんぱく質を取り入れる、肌の水分量を増やす、ビタミンC化粧品、リラックスがあります。

睡眠は肌のためにはとても重要で、睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れて肌が新しく生まれ変わることを妨げてしまうのです。

睡眠は量よりも質を重要視して、寝始めてから3時間は熟睡できるように入浴したりアロマなどを利用することも良いです。

美肌にはビタミンCの摂取が知られていますが、新しい肌を作るのは肉や魚などのたんぱく質です。
たんぱく質が不足すると古い角質が剥がれずに毛穴が広がりにきびの原因となります。
また、リラックスする時間は、ストレスを緩和します。ストレスは肌に悪く、ホルモンバランスを乱してにきびの原因となるのです。にきびを作らないためには、生活習慣やスキンケアは影響が大きいです。

特に生活習慣の改善でにきびが出来にくい肌を作ることが大切です。

This entry was posted in 美容 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *