生活習慣でにきびを予防する

大人になるとニキビは中々治りにくく、痕にもなりやすいのでニキビができないようにしっかりと予防する必要があります。

ニキビを予防するには洗顔が重要と考えてしまいがちですが規則正しい生活を送ることも非常に大切です。

まず気をつけるべきなのは睡眠です。
社会人などになると仕事の関係上夜遅くに帰えらなければならないことが多く決まった時間になることは意外と難しいです。

夜更かししてしまった方には経験があるかと思いますが夜遅くまで起きていると朝起きてから肌の調子が良くない状態になることがあります。

調子が良くないとは顔ににきびができてしまったり顔がむくんでしまったりといった症状のことで特にニキビに関しては夜更かししてしまうとできてしまう確率が高くなってしまいます。

夜遅くまで起きていることで肌のターンオーバーのリズムが狂ってしまい肌の角質が剥がれ落ちにくくなるためにきびができやすい肌環境になってしまいます。
歳を取るとターンオーバーのリズムが若い頃と比べて狂いやすくなっており夜更かしをすると余計に肌に影響を与えてしまいます。

ターンオーバーのリズムの狂いが原因で起こる肌トラブルを防ぐには夜の12時前には就寝することがとても大切です。

生活習慣のほかにも女性の場合化粧を落とさずに寝てしまったりすることは肌トラブルの原因となってしまいやすいのでしっかりと化粧は落としましょう。

化粧を落とさずに寝てしまうと毛穴に汚れが詰まった状態になりにきびができる原因となります。
生活習慣をしっかり見直すことでにきびは十分に予防することができるので生活習慣が乱れている方は少しずつ改善していきましょう。

This entry was posted in 美容 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *