夢見る主婦の日記 http://victoriaskolan.com My WordPress Blog Thu, 02 Feb 2017 10:19:30 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 にきびを予防する手順 http://victoriaskolan.com/?p=23 http://victoriaskolan.com/?p=23#respond Wed, 24 Aug 2016 07:42:37 +0000 http://victoriaskolan.com/?p=23 にきびの予防には手順を踏むということが重要です。

何故かと言うとにきび予防には様々なものがあり、
全てが自分自身にとってにきびの予防になるとは限らないからです。

いくつもある方法の中から自分に合う予防法を見つけることから始めなければなりません。
その手順を無視してしまうと、
間違ったやり方で治療をすることになってしまいます。

自分にとって逆効果となるやり方もありますし、
肌の質やにきびの種類によりやっても良いこととやらない方が良いことがあります。

なのでまずは手順としてやり方を探すことをしましょう。

たくさんの方法がある中でも治療の方法としてはいくつかのジャンルに分けることができます。まずにきびがどんな状態であるかきちんと把握しましょう。

特にひどい状態であればあまり洗い過ぎては傷つけてしまうことにもなりかねません。

傷つけてしまうと菌が傷口から入ったり汚れが入ったりして余計に患部を悪化させてしまう原因となります。
まずは水で素洗いをしてみることから始めて少しずつ自分にとってちょうど良い加減を見つけるようにしましょう。

洗いすぎは良くありませんが、気にしすぎて皮脂や汚れが全く落ちないような洗顔をしてしまっては意味がありません。

ちょうど良い加減というのはその人の肌の健康状態などによって様々ですし、季節によっても変わるものなのでその都度刺激の程度を確かめる習慣をつけましょう。

肌質が変わったのに同じやり方で予防をしてしまうことは意外と多いです。

]]>
http://victoriaskolan.com/?feed=rss2&p=23 0
生活習慣でにきびを予防する http://victoriaskolan.com/?p=18 http://victoriaskolan.com/?p=18#respond Sun, 24 Jul 2016 07:41:50 +0000 http://victoriaskolan.com/?p=18 大人になるとニキビは中々治りにくく、痕にもなりやすいのでニキビができないようにしっかりと予防する必要があります。

ニキビを予防するには洗顔が重要と考えてしまいがちですが規則正しい生活を送ることも非常に大切です。

まず気をつけるべきなのは睡眠です。
社会人などになると仕事の関係上夜遅くに帰えらなければならないことが多く決まった時間になることは意外と難しいです。

夜更かししてしまった方には経験があるかと思いますが夜遅くまで起きていると朝起きてから肌の調子が良くない状態になることがあります。

調子が良くないとは顔ににきびができてしまったり顔がむくんでしまったりといった症状のことで特にニキビに関しては夜更かししてしまうとできてしまう確率が高くなってしまいます。

夜遅くまで起きていることで肌のターンオーバーのリズムが狂ってしまい肌の角質が剥がれ落ちにくくなるためにきびができやすい肌環境になってしまいます。
歳を取るとターンオーバーのリズムが若い頃と比べて狂いやすくなっており夜更かしをすると余計に肌に影響を与えてしまいます。

ターンオーバーのリズムの狂いが原因で起こる肌トラブルを防ぐには夜の12時前には就寝することがとても大切です。

生活習慣のほかにも女性の場合化粧を落とさずに寝てしまったりすることは肌トラブルの原因となってしまいやすいのでしっかりと化粧は落としましょう。

化粧を落とさずに寝てしまうと毛穴に汚れが詰まった状態になりにきびができる原因となります。
生活習慣をしっかり見直すことでにきびは十分に予防することができるので生活習慣が乱れている方は少しずつ改善していきましょう。

]]>
http://victoriaskolan.com/?feed=rss2&p=18 0
にきび予防は体質の改善から http://victoriaskolan.com/?p=15 http://victoriaskolan.com/?p=15#respond Fri, 24 Jun 2016 07:41:14 +0000 http://victoriaskolan.com/?p=15 にきびに悩まされている方は、体質に問題があるケースがほとんどです。肌トラブル

は代謝低下に伴って発生しやすくなるため、肥満が気になる年代になったら注意が必要なのです。

ダイエットをしても簡単に痩せなくなったら、
肌トラブルも治りにくいことを意味します。

にきび予防のためには、肌荒れが発生しやすい体質から改善していく必要があるのです。
冷え性体質の方は、血行不良から有害ミネラルを体に溜めやすいです。

毎日適切な肌ケアをしているのに肌が荒れるという方は、毒素が原因である可能性も否定できません。

毒素を抜いていくにはエステを利用するのが一番ですが、もっと手軽に行える方法には岩盤浴があります。

自宅なら半身浴でゆっくりと温めることで、足先から毒素を抜くことができます。
毒素は下半身に集まりやすいので、半身浴だけでも十分なデトックス作用を期待できるのです。

デトックスによって体がリセットされると、にきびの発生がピタリと止まることがあります。

にきび予防の体質改善では、ストレスを溜めない生活も重要です。
イライラしている状態が続くと神経が高ぶって、睡眠の質を下げてしまうのです。

寝つきが悪い状態が続くと肌荒れのリスクが高くなるので、にきび予防として睡眠の質を上げることは欠かせません。

遅く眠る習慣が身についている方は、焦りを招いて入眠しにくくなる傾向があります。
早く眠るように心がければ必然的に睡眠時間が増えるため、気持ちを落ち着けて入眠することができます。

]]>
http://victoriaskolan.com/?feed=rss2&p=15 0
にきびの予防には保湿が大事 http://victoriaskolan.com/?p=12 http://victoriaskolan.com/?p=12#respond Tue, 24 May 2016 07:40:32 +0000 http://victoriaskolan.com/?p=12 にきびの原因は皮脂が毛穴にたまって詰まり、そこにアクネ菌が入り込んで増殖し、炎症を起こすことでにきびになります。
そのため、皮脂が悪いのだと洗顔ばかりに力を入れていると肌が乾燥して余計に皮脂を分泌することになってしまいます。

たとえ脂性肌の人でも、にきびを予防しようと思うならしっかり保湿することが必要です。

そして乾燥肌の人は、もともと皮脂が少なくバリア機能である皮脂膜が作れない状態です。
皮脂膜のない肌からは水分が蒸発し、角質や毛穴周りが硬くなって少しの皮脂でも詰まってしまいます。

乾燥肌の人がにきびを予防するには皮脂膜を作れるように保湿する必要があります。

脂性肌の人は、皮脂をコントロールしてくれるビタミンC誘導体を配合した化粧水を用いるとにきび予防になります。

乾燥肌の人は皮脂を取りすぎない方がいいので、セラミドやヒアルロン酸など、
保湿力の高い成分の入っているものがいいでしょう。

また、ストレスを感じると男性ホルモンの分泌量が増加します。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促し、肌を書かうする作用があるため毛穴が詰まりやすくなります。

できるだけストレスは解消するようにしましょう。

傷ついた肌を修復する成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。
寝る前はスマートフォンやパソコンの使用を控えるほうが質のいい睡眠を得ることができます。

食事はビタミンA、B群、C、Eを積極的に摂るようにし、運動で代謝を上げて肌のターンオーバーを促進することも予防になります。

]]>
http://victoriaskolan.com/?feed=rss2&p=12 0
にきび予防は食生活と睡眠が大切 http://victoriaskolan.com/?p=9 http://victoriaskolan.com/?p=9#respond Sun, 24 Apr 2016 07:38:23 +0000 http://victoriaskolan.com/?p=9 にきび予防の基本は生活習慣だとよく言われますが、具体的には食生活や睡眠がメインとなります。

肌を作るのは食べ物であり、睡眠中は肌の修復時間だからです。
しかし、体に良さそうなものを偏って食べるのではなく、栄養バランスを考えてまんべんなく食べることが大切です。

例えば、にきび予防に最も効果的だとされているビタミン類は、
野菜や果物ばかりを取るのではなく、レバーやマグロ、卵黄など動物性たんぱく質にも含まれているので、それらも合わせて食べる必要があります。

また、アーモンドやたらこなども、
にきび予防に良いビタミンが含まれているのでおすすめです。

間接的ににきび予防につながるのが、食物繊維や乳酸菌の摂取です。
腸内環境を整え便秘を改善することが、にきびを始めとし、多くの健康効果を生み出すからです。

腸は美肌のカギを握っているといっても良いくらいなので、根菜類や海藻類、果物なども食べましょう。

水分の摂取も大切です。睡眠のゴールデンタイムは22時から翌2時だという話は有名です。

ただダラダラと寝るのではなく、質の良い睡眠が大切だと言われています。

入眠後3~4時間後の睡眠の深さがポイントとなってきます。
その時間にどれだけ深く熟睡しているかということが、睡眠中の肌ケアまたは肌再生の出来を左右します。

早く寝る習慣をすぐにつけるのは難しいものなので、初めのうちは遅くとも0時には布団に入るよう努力することから始めましょう。

]]>
http://victoriaskolan.com/?feed=rss2&p=9 0
にきびの予防には生活習慣の改善が必要です http://victoriaskolan.com/?p=6 http://victoriaskolan.com/?p=6#respond Thu, 24 Mar 2016 07:36:27 +0000 http://victoriaskolan.com/?p=6 にきびは皮膚の炎症性疾患で皮膚科では保険適用の治療を受けることができます。

またクリニックではレーザーやケミカルピーリングの施術を自由診療で受けることもできます。

にきびは病院などで治療することができますが、実はにきびができることで精神的に落ち込んだり、人に会いたくない、自信が持てないなどコンプレックスになることもあるため、できてから治すのではなく、予防してできないようにすることも大切なことなのです。

にきびの予防には、洗顔や保湿して肌質を改善することも必要ですが、生活習慣を改善することで予防することもできます。
にきびの予防効果がある生活習慣は、睡眠、食事にたんぱく質を取り入れる、肌の水分量を増やす、ビタミンC化粧品、リラックスがあります。

睡眠は肌のためにはとても重要で、睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れて肌が新しく生まれ変わることを妨げてしまうのです。

睡眠は量よりも質を重要視して、寝始めてから3時間は熟睡できるように入浴したりアロマなどを利用することも良いです。

美肌にはビタミンCの摂取が知られていますが、新しい肌を作るのは肉や魚などのたんぱく質です。
たんぱく質が不足すると古い角質が剥がれずに毛穴が広がりにきびの原因となります。
また、リラックスする時間は、ストレスを緩和します。ストレスは肌に悪く、ホルモンバランスを乱してにきびの原因となるのです。にきびを作らないためには、生活習慣やスキンケアは影響が大きいです。

特に生活習慣の改善でにきびが出来にくい肌を作ることが大切です。

]]>
http://victoriaskolan.com/?feed=rss2&p=6 0